ケンブリッジ

そして一旦ロンドンを後にして、

ケンブリッジへと向かう。

ケンブリッジ大学が有名なところだけど、周りには他の大学もいっぱいあって、のどかなところ。

荷物の多いオレには平坦な街ってだけでありがたい!

ホステルにチェックインして、ライブ会場へ向かう。グーグルマップに従って進んで行くと大学の隣の公園と見せかけてお墓だった。

クソ!グーグルめ!

しかも学生みたいなのがベンチでデートしてる。おーい、墓だぞーい。

“あの中でも私達ずっと一緒よね”

“いや、死後の世界のことなど話すなんて論理的じゃないよベイビー”

とでも言っているのか?

墓だぞーい。まぁ日本の墓のイメージより爽やかだけど。。

 

この日は地元のイケイケサイケバンド、GLASS ROOFと、10代にしてすでにアークティックモンキーズ感あるTHE FIFTHと。

フィフスはまだシャイな青年ってかんじで、グラスルーフは陽気な仲のいいバンドだった。

ライブはどちらもとてもよかった!

なかなか日本では見かけられないバンド。YouTubeで見つけた新しいUKバンドって感じで。

おれはもちろんアウェイからスタート。

またいつものジワジワと人が集まって聞き入っていくパターン。

この日は弦が二本も切れた。

最近、酷使してたからな。グラスルーフのメンバーがすぐに足元に替えのギターを置いてくれた。

ありがとう、でもケースの中から弦を取ってきてくれる?と聞いたらすぐに持ってきてくれた。

特に英語は話せないが無言で弦を替えるわけにもいかない。でもすでにいい空気だったので、何もMCでこまらなかった。

このツアーの為に、ダウントンアビー(イギリスの昼ドラてきなドラマ)で英語を勉強した、とかくだらない事話しながら。

 

この日もとても良かった。彼らとはまたやりたいなぁ。

グラスルーフのメンバーが打ち上げ的なホームパーティーに招待してくれた!

みんなが荷物を持ってくれたり、タクシーまでよんでくれたり、レゲエかけながら、その感じで、空の星座を説明してくれたり。

とてもいい時間だった。

何気なくグラスルーフのメンバーが取ってくれた写真。

宝物だぞー。

なんていい奴らなんだ。

来年また必ず戻ってくる!

 

やっぱり思い出していたら色々でてくるから、ゆっくり書き綴っていくよ。

ろっくんろーるすたー(London)

気付かない間に全然更新していなかった!

ロンドンの数か所全く飛ばしてるな。

 

この日はKing Charles The Firstとゆうところ。少しアングラ感のあるパブ。

地元の常連さんの前でライブ。

豊橋の後輩もイギリス出張中で、わざわざ遊びにきてくれた。

今まで溜まってたのか、ビールのせいか、日本語が止まらない!

最初は不思議そうに見てたひとたちも、徐々に聞き入りはじめ、とても良かった。CDも買ってくれた。ありがとう。

また必ず来たい!

 

ここはDublin Castle

エイミーワインハウスも出ていた、老舗。ロンドンのパンクバンドとともに。日本では橋の下音楽祭にしかいないような、清志郎のような、ルーリードのようなオジさんもキレキレだった。

なんかここでまた一つ、新しいものが見えた気がする。何が見えたわけじゃなく感覚の扉がひらいたような。演奏中天井を眺めているときに。

順番逆だけど、この日はティムズ川に浮かぶ船の中でライブ!

揺れてたので船酔いするかと思った。市電の中でのライブを思い出したわ。

ルーパーも何とか踏みこなし、やはり異国でひと月もやってれば体の一部になってるわな。

ライブ後は色んな人に声かけてもらって、船の上でギター弾いたり。知り合いになった日本人夫妻も来てくれて、束の間のリラックス。

 

どんな場所でもマイナスからスタートする。明らかにコイツちゃんと出来るのか感がでている。

出番まで隅っこの方でひとり飲んでいても、だれも近寄ってこない。おれ日本では顔濃いといわれるけど、アジア顔なんだな。そりゃそうか。

でもライブを始めれば少しずつそんな壁は消えていく。終わった後にはみんなに声を掛けられるので真っ直ぐ楽屋に戻れない。

 

日本ではすぐに、バンドは組まないの?って聞かれていたけど、イギリスでは1度も聞かれたことがない。何でだか分からないけど、当然な気もする。

最近ライブで歌ってるPark(仮)とゆう曲はもちろん日本語だし、途中で半分ちゃかしながらoasisのロックンロールスターのコーラスをねじ込んでいるんだけど、ライブが終わった後に、君のあのロックンロールスターの一節が何故良いのか、ってのを必死に説明される。

英語ほとんどわからないけど、たぶん、押し付けがましくなく、心にすっと染み渡る、みたいな感じらしい。

僕は全員(all)に歌っているのではなくてひとりひとり(everyone)に歌っているよ、と答えると、そうそう、そうゆうことだ!と言われるのでたぶんそうなんだろう。

お互い言葉は分からないのに何故そんな精神的なことが伝わるのか。不思議だなぁ。

長くなったので、続きは次回!

Cambridgeと追加のNorthampton!

ひとりでやってるのか

昨日はNorthamptonとゆう街でライブだった。ここも穏やかでいいところだった。

たどり着いたとき、ここの上でレゲエのバンドが練習してた。とてもいいバンドだったなぁ。騒音とゆう概念はあまりないらしい。家で普通に音出せたらそりゃバンド上手くなるわ。

おれがサウンドチェックを始めると降りてきて、ひとりでやってんのか!と。どっから来たんだ!?みたいな感じで気に入ってくれて、一緒にタバコを吸いながら本番をまった。

通りで車磨いてたにいちゃんにここの場所を聞いても、分からんけどたぶんあそこだよ?みたいな感じだったし、こんな静かな街で人が来てくれるか、と心配してたけど、大丈夫だった。

なんとFacebookを見た、といって色んな人が来てくれた。おそるべし、Facebook。

ライブはすこぶる好調。

そうゆう時に限って動画はないんだよ。たぶん誰かが何処かであげてるはず。これアップしていいか?と何回も聞かれたから。

来週もっとでかいとこを用意するから来てくれ、と言ってくれて、日程さえ合えばまた来るかもしれない。

 

そんなNorthamptonを離れ今はロンドンにむかってる。

ついにロンドン。

おれにとっての本当の花の都!

2週間弱、やれるとこまでやりきるぞ!

では!