ストロベリーフィールズフォーエバー(乱文)

帰って来ました。

 

蒸し暑い。それ以外の事は浮かびませんでした。

少しずつ記憶が薄れつつあるなか、思い出してみてもとてもいいツアーだった。

そんな余韻に浸る間も無く、マンチェスターで出来た友達が日本にたまたまくるという事で名古屋で会って来た。

ポエットリーリーディング?詩を読むアーティストで、初めて見ることができたけど、とてもよかった。言葉の意味はほとんど分からないけど、いいものはいいしね。

1975と聞こえたので、あの1975ってバンドがキライなの?オレもキライだよって話したら、そうだよな!ロックじゃないよな!どうせロンドンかどっかの出身だよ!といっていた。

考え方がまるで似ている(笑)

酔っ払っていたので、カタコトの英語で、ロックンロールは世代を分断するものではない、という話をした。

すると彼は、そうだね、特にマンチェスターでは年齢に関係なく、文化が受け継がれている、と言っていた。ニューオーダー、スミス、たくさんのバンドが未だにカッコいいバンドとして皆んなが捉えてる。

2年前初めてイギリスに行った時、音楽ではないけど、ミュージカルを観に行ったときにそれを感じた。

子どもも、髪の毛もスーツもバシッとキメて、1人の男性としてそこにいる。駅でも店でもドアは当たり前のように次の人のために開けてあげる。紳士の振る舞いとゆうやつか。

年功序列とか、老人を敬え、とかではない、ただただカッコいいもの、への憧れと、受け継がれていくもの、日本ではあまり見かけないタイプのものだった。

考えてみると日本で唯一残っている思えるのはお祭りだった。カッコいい大人に自分もいつかなるのだ、なりたい、と思わせてくれるものはそれしかないのではないかと。個々のレベルでは仕事の先輩とか、スポーツ選手とか色々あるのかもしれないけど。文化全体として。それも衰退しつつある。

音楽では特に薄いような気がしてしまうなぁ。思いつくのは清志郎とか、村八分とか、尾崎豊とかかな?やっぱり皆んなロックンローラーじゃないか。音楽的趣向の話じゃなくて。

 

話はそれてしまったけど、マンチェスターの彼は2週間ほど日本を回るらしい。次はまたマンチェスターで会おう!といってお別れ。

 

ぼんやりとこれから何をしようかと考えている。やりたいことは決まっているのだけど。漠然と大量のやりたくないことが浮かんで来ている。やりたくない理由が分かるまで、考えてみる。

 

###########################

 

ツアーを終えて、空港で荷物を預け、やっと軽い身になってツイッターを開くと、地元の年の近い先輩のバンドが解散すると発表していた。

個人的には、なんでこのタイミングに被るねん、と思いつつ。特に驚きはなかった。

3、4ヶ月前、ライブを観に行ったとき、もう辞めるだろうな、と思えてしまった。何故かはわからないけど、それまでそのバンドが描いて来た世界観、ユーモア、そういったものがもうバンド自身、信じられなくなってると感じれてしまった。

それを観てからは、もうライブにいく事はやめた。みていてもつらくなるだけだし。調子がいいとか悪いとかじゃないのもわかった。それがなくなったらバンドは終わりだ。

とりたてて音楽性は好みではなかったし、自分には関係のない音楽だった。それでも、何かしら彼らのやる事に意識が向いていたのは、個人的な関係は置いておいて、彼らのユーモアとスター性と、圧倒的な才能だったと思う。

まだ隠れてトイレでタバコを吸ってる時から知っていたから。

この街では唯一、音楽と人生がリンクしている人だったので、最初に知った時は、どっと疲れのような、黒い雲がおりてきた。

まぁ年齢も近いし、頑張ってきたし、そうゆう人から辞めると聞くと、素直にお疲れさま、と思える。自分もバンドだったらきっと色んな事情が重なってそうなっていただろう、とも思う。

自分はいまひとりだ。

行きたいところには、どこでも行ける。やりたくないことはやらなくていい。

それは良くも悪くもある。

ひと月の間、異国でほぼ自分と同じ重さの荷物を引きずり、誰にも頼れなかった。

そうゆうコトがお前を成長させてるんだよ、と友だちは言うけれど、自分ではわからない。

ただ一つ、それに血の通った言葉をかけてくれる存在がいなくなったのは、また一つ電灯がきえたような。

急激に周囲に対する関心をなくしてしまった。音楽性とか才能とか、巧さとかじゃなくて、音楽と人生がくっついている人間はこの街で見渡してももういない。ロックンローラーとしか、共有する舞台はない。

なにも”受け継がれる”ことはないだろう、と思えてしまっている。打ち上げでの飲み方くらいじゃないか。

あの頃は若かったから、とか言う元ヤンみたいだ。若かったからグレていたのではない。その認識は世代を分断すると思う。

 

漠然と浮かぶ”やりたくないこと”のふるさとはその辺にあるのではないかと思えてる。

No one I think, is in my tree.

I mean it must be high or low.

だれも僕の木にはいない、

それが高かろうが低かろうが。

ビートルズのストロベリーフィールズフォーエバーの歌詞。

 

今自分に言い聞かせることは、

行きたいところにはどこへでも行ける、ほかにない。

 

 

 

2人のクリスとマンチェスター

マンチェスターに戻ったあとは、マンチェスターサイケフェス2019のチケット売り場のライブハウスでライブ。

DJのみんなも仲良くしてくれて、この日のフェスのリストバンドを手にした人たちが、わざわざ足を止めてたくさん見ていってくれた。

かれこれ金曜の2時過ぎから会場してすでに何百人も来てたから、みんな仕事してないのか?(笑)

CDまで買ってくれて、とにかくここでフィナーレを迎えられてよかった。大好きだマンチェスター!

 

次の日は最終日とゆうことで、バスキングで得た小銭をパブで両替してもらった。

まぁ空いた日にやってただけだからそんなに期待してなかったけど、余裕でやってよかったと思える金額だった。色んな人にも出会えたしね。

 

その後は街をフラフラ。スーツケースに入るくらいのおみやげを買おうとウロウロしていたけど、なんかつまらない。

もう小銭いらないけど、雨も上がったのでもう一回バスキングしようと思い立ち、始めてみた。

すると今まで以上の人だかりができて、じゃんじゃん小銭は集まるわ、勝手にフライヤー配ってくれる、その場限りのマネージャーできるわで、なんだかとても感動していた。こんな形で終われるとゆうことを。

 

最後にやはり初めて出来た友達クリスに会いたいなぁと思って、マンチェスターからトラムに揺られてDidsbury villageへ。

ひと月前初めてマンチェスターに着いた時、ヒヨコのように目の前にいる人を頼るしかなかった。そんな彼とそののどかな街を散策するつもりが、LGBTのお祭りをやっていてとても賑やかだった。

入ったお店でクリスが何やら英語で紹介してくれて、急遽ライブをする事に!

12時間後には飛行機に乗るんだけどと思いつつ、クリスの車でマンチェスターまでギターを取りに帰る。

こうゆうのロックだよなーMitsugu!とか言いながら。

ここでもまた色んな人に出会えた。

イギリスに来る前、人種差別があるのではないかと心配していた。駅とかを歩いていると、それらしいものは確かにあった。英語わからないからスルーしてたけど。

でも信じられるものは音楽しかなかったので、そんなことはどうでもよかった。ライブをした場所でそんなことは一つもなかった。そのギャップがむしろ自分はプラスに変えることができた。

 

クリスに別れと、バスキング用のスピーカーを預け、とてもお世話になったパブ兼ホテルのROSE&MONKEYへ。

ここのクリス(別人)にもとても世話になった。ホテルを手配してくれ、タクシーも呼んでくれて、サイケフェスに呼んでくれたのもクリスだ。

メールはほとんど返事が遅いけど、とても愛に溢れた男。マンチェスターにも色んなライブハウスがあるけどおれは最後までクリスを信じる。

ここでも色んな人がユー、この前ヤバかったぞー!って話しかけてくれて、もう泣きそうだおれは!

 

クリスと次の話をして、ハグして寝た。

朝出る時、クリスは下のソファーで寝てた。きっとオレが出るのを待ってくれてだと思う。

話したい気持ちは山々だったけど、置き手紙をして出た。

いかにまた来るか、を考えていたからだと思う。

やはり少し肌寒い朝の風を浴びながら色々思い出しながら駅までの道を歩いた。

 

駅に到着すると、相変わらず電車は気まぐれにキャンセル、遅延していた、、、

 

なんでや!

 

Northampton

ハッピー&リラックスムードのままケンブリッジから、バスでNorthamptonへ移動。

この国の交通と天気はマジであてにならない。

バスの乗り換えの田舎町に着くと、1時間超の遅延。タバコ吸ったり掲示板みながら時間を潰していると、携帯の充電も無くなったので、2ポンド払って充電を始めた。

その途端にバスが到着し、仕方ないのでほとんど充電されないまま、携帯を引き抜いてバスのゲートに走ると、もう行ってしまった。

乗り換え場所のスタッフのお姉さんは、待ってー!、と運転手に合図してくれたがドアを閉めたらもう止まらない。よく走って追いかけてる人いるもんな。

結局2時間近く待たされ、またチケット取り直さないといけないの?とお姉さんにゴネていたら、分かったわ、オフィスに来て、と言われ臨時のチケットをくれた。

発行理由のところには”goodwill”と書かれている。”好意”とゆう意味。好意っておい!と思いつつ、まぁ乗れるならいいかと、また2時間近く待って出発。

そして再び辿りついたNorthampton。

今回は会場のひとがホテルを用意してくれてて、とてもいい部屋だった。

一軒家の一室を貸している感じのところでそこのホスト夫妻もとても優しい。旦那さんはレコードショップをやってるらしい。

マダムが会場までクルマで送ってくれてなんとか間に合った。てかイギリスはほとんど車がマニュアルで、女の人でもチャチャっとギア変えて乗りこなしてる!

 

 

この日は3日間に及ぶビールフェス。

自家製エールビールも10種類くらいある。この手前の葉っぱは、ホップで、これで作っているらしい。すごいな。すぐ裏にはカールスバーグの工場もあるから、もうビールなら任せろって感じだね。

この日はFacebookで宣伝されていたらしく、色んな人が、今日のアクトは君か!いつやるんだ?と声をかけてくれる。

とてもフレンドリーなところだった。オランダから来た人や、踊ってたマンチェスターのマダム、日産で働いてる兄さんや、たくさん話した。

主催のマーカスも、どんどんビール飲んでくれ!って感じですごくいい人。最後は車で送ってくれて、例のレコードショップの周年パーティーに顔だして、ホテルに帰った。

ケンブリッジといいノーザンプトンといい、少し田舎の方が、のんびりしてて人の暖かみに触れることができる。物価もやすいし。

また必ず来たい!

何もないところだが。