キッチンのテーブル

 

ラーメンを待っています。

 

久しぶりに。ブログでもしたためようと。

 

めっきり寒くなりました。もうコートを引っ張り出して対策。

テレビじゃコロナだ、トランプだ、バイデンだと。どっちがなったって一緒だよ。どうせまたどっかに爆弾を落として、俺たちには遺伝子組換コーンみたいなやつを売りつけてくるんだから。

 

そんな渦中にエプスタイン氏は新曲をリリース。オンラインのみ。

初めて英語で歌詞を書いた。YouTubeに字幕を載せてあるから分かるかもしれないけど、英訳したんじゃなく、英語で書いてそれに日本語訳ををつけたので、なんか変な感じに。

英訳するくらいなら英語で書きたくないと思っていたので、なんとか完成できて、まずはひと満足。

 

イギリスツアーの帰り道の飛行機の中で思った事を言葉に。

映像はケータイの中に残ったものをたよりにくっつけて作った。

 

最初はいい曲になるな、と思っていたけど、レコーディングだ、ミックスダウンだ、なんてやってるうちに訳わからんかなってたけど、みんないい反応を示してくれたから、少しは伝わってるみたいだな。

自分にとっては、またイギリスに行くんだ、と常に口に出してないと、やはりコロナでストップどころか、どんどん遠くなっていくようで、こうやって曲にしたりして、気持ちをそのままの形で残しておける。

こんな効果も音楽にはあるのか、ってね、再発見。

諦めムードの世間の会話ももうオレには関係ないぞ。

足元はいつもぬかるんでいるけど、おれは八方塞がりになったことは今も今までも一度もないんだ。

 

どんどん新しい曲を作っていきたい。もうすぐ出せるのが何曲かあるんだけどわまたゴソゴソ無駄な時間をかけないように気をつけなきゃ。

 

もう随分と色んな要らないものを捨ててきた。キッチンのテーブルのうえで。

 

何としてもグラストンベリーに出るんだ。このキッチンがあれば他のものはいらない。まっすぐそこだけをみていよう。

 

ま、そんなところです。

 

“ON THE STREET “

https://youtu.be/VUiSe6STygg

 

 

幸せのサングラス

Hey bros!

この前は、しょーもないことをウダウダと長いこと書いてしまった。酔っ払い上司かいなとばかりに。

まぁだいたい酔っ払って初めてブログでも書こうかってなるんだから、仕方ないな。

朝イチ、おはよう。今日も綺麗な朝日に癒されます、なんて投稿してもな。イギリスの次は何にかぶれやがったと言われちゃうしな。

まぁここでは下世話なくらいがいいか。右を見ても左を見ても下世話な人間ばかりなのにコンプライアンスとかなんかのせいでテレビも芸人もミュージシャンもつまらなくなってる。これを以下に破壊するのかすり抜けていくのか、これはもういわゆる娯楽芸を扱う人間にとっての目下緊急課題だなぁ。

最近新しいサングラスをゲットした。
死ぬ直前のジョンレノンがかけていたようなやつを探していたら、気に入ったものがみつかった。

もう完全に気に入ってしまって、夜でも家の中でも、雨の日も、冷蔵庫を開ける時にもかけている。

通りすがりの人に、あ、夜なのにサングラスかけてる、と思われたと気付いても、なんのその。

これは一生ものだな。

一生もののバカだな。

コロナが再び。

今週決まってた豊橋在住の外国人との初レギュラーイベントも、Corona is coming back!とゆうことで延期に。あぁ演奏しかり、生の英語を学ぼうと思っていたのに。

これはもうしばらく無理だな。
引きはじめにしっかり寝なかった時の風邪のようだね。

この疫病対策としての新しい音楽のカタチ、生活のカタチじゃなく、ただ単純な新しいカタチがほしい。CDが売れないだなんだなど、もう話しても無駄な時間だ。

いわゆるココロでもなくタマシイが求めているカタチを、自分でも分からない自分の中の何かの姿を、探して行くのだな。十分な時間と、十万のお金と相談しながら。

さぁ明日はPVをとりにいくのだ。あのサングラスをかけて。雨だけど。

配信カメラの向こうがわ

お久しぶりの。

1年くらい書いてないのかも。いや、その間にも書こうと思ったり、実際に書き始めて気絶したり、消したりで、ほぼ1年。

イギリス行ってから書いてないな。おれはまだこのブログ上では香港にいることになってる!

あれからとゆうものの、曲を作ったり少しライブをしたりと、まぁそれなりに過ごしてきて、今年も5月末から再びイギリス、そして新たにオランダへ行く予定が、例のウィルスで。

キャンセルが決まった時には、まぁ行ったところでライブは出来ないし、人々もそんなモードではないから行っても仕方ないのだと軽く、いや軽くもないけどハラを決めていたのだけど、いざその再び飛び立つハズだったその時を、ソファーの上で変わりばえのないニュースを観ながら過ごしていると、だんだんと空白の穴が空いてきた。

世の中は少しずつ解禁されて、楽観ムードになりつつあり、”オレはもともとインドアだから、自粛でも何にも変わらなかったヨン”なんてあちらこちらで聞こえてきた頃。

リモートワークだ、新しい生活だ、何だと言ったところで、結局あいも変わらず満員電車は今日も環状線を再びただ回り始めたことが、急にずっしりと空から落っこちてきたのである。

そんな時に、日本と海外のアーティストとの交流イベントでのライブが決まって、今年は配信ライブだったのだけど。。配信などクソ喰らえだと思っていたけれど、あったこともない、まだ知らないところにいる人たちに届けるのならばきっと意味があると、思って参加した。

最初は久々のライブだし、配信への違和感からうまくいかないんじゃないかと心配そうにしていたけど、やはり考えて考えて考え抜いた、そのやる目的、があったからかとてもいい空気で演奏できた。不本意なことをしている時は何か嫌な気持ちになるものだけど、全くなかった。これが配信ライブの意義なんだとおもえた。

知らないだれか。
ただこのソファーに座っているだけじゃ会うこともないままのだれか。そんな人が自分の想像をはるかに上回るほどいる。ここからじゃ見えない景色があるのだと、もう一つ先の見えない扉を開けてみようと思った。

思えば一年前、ホントにひとりでイギリスにいけるのかと内心ホントにビビってた。HISやらJTBやらの手助けはないし、地元の電車もやっと乗れるようになったレベルなのに。現地に知り合いなど誰もいないし、トイレや路上でボコられて、ケツの穴にコーラの瓶でも入れられると思ってた!いや、まじで。

それは行かなけれは決して見えない景色だったのだ。行かなかったらきっと、他の誰かがいつかひとりで海外へ行くと言いだしてもおれはきっと、ケツの穴にコーラの瓶でも挿されて終わりだ!なんて言ってたと思う。

まったく違う人生を歩んでる友だちが、20歳までに自分で勝ち得た成功体験がある人間とない人間では大きな差が出るといっていた。

あの時あんなにやれたんだから、って本当に限界の時に思い出せる成功体験は確実に違う結果をもたらすと思う。そしてまた違う扉を開けてくれる。

明日も明後日も、楽しくてたまらない。
満足してないのに楽しくてたまらない。

そんな話ができる友達がいるのは幸せなことだなぉ。

なかなかひとりで走っても、新しい記録は出せないもの。

またちゃんとライブができるその日まで、やれる事をやり抜こう、明日も大事にしようと、配信カメラの向こうを眺めながらおもった。